トイレ自体の交換

クラシアンでは、トイレの部品交換による修理だけではなく、トイレ本体の交換も行っています。そこで、ここではクラシアンで利用することができるトイレの交換について、どのような種類のトイレがあるのかについて紹介します。クラシアンで行うことができるトイレ交換の中でも、特徴的なものとして「節水トイレ」があります。

節水トイレはその名前の通り、水洗のために利用する水量が少なく抑えられているトイレのことを言います。このタイプのトイレに交換を行うと、その月から水道料金の違いが目に見えて分かる場合も少なくありません。トイレの種類にもよりますが、使用する水の量が半分以下になる可能性もあります。特別な構造を使用することによって少ない水量でも十分な洗浄力が発揮できるようになっているため、水量が少なくても洗浄力が落ちてしまっているわけではないため、安心して利用することができます。

また、クラシアンで利用できる交換トイレとして、他にもタンクレストイレというものがあります。これも名前の通り、タンクが存在しないトイレのことです。タンクレストイレに交換すると、必要なスペースが少なくなるため、交換前より広々とした空間になるのがメリットです。