フラッシュバルブ式トイレの交換部位

トイレの修理の際に交換が必要になる部分について、次に紹介するのは「フラッシュバルブ式トイレ」の交換部位についてです。フラッシュバルブ式というのは、よく公共のトイレなどで見られる、タンクがなく、水洗用のレバーが別に設置されているタイプの便器のことを言います。このようなタイプのトイレを使用している場合、まずこのフラッシュバルブ部分が交換の対象となる場合が多いでしょう。

フラッシュバルブには水漏れを防ぐためのパッキン、水洗をするためのレバーハンドル、そして内部で水を流すためのピストンが部品として使われています。いずれのパーツも破損すると正しく作動しなくなってしまうものであるため、交換が必要になるでしょう。

フラッシュバルブ式の便器で交換が必要になる部品として、もう1つ化粧キャップというものがあります。これは、トイレを設置するために使われているボルトを隠すための部品となります。実質的に必要な部品というわけではありませんが、見栄えに影響をする部品であるため、破損してしまった場合には交換をするのが良いでしょう。また、ボルトが外気に晒されていると錆びやすくなってしまい、トイレ自体の交換をしたい場合などに問題になることもあります。