トイレのロータンクの交換部位

それでは、実際にトイレの修理において交換が必要になる可能性がある部品としてどのようなものがあるのか、トイレの箇所毎に紹介します。最初に紹介するのは、トイレのロータンクに関係している部品についてです。ロータンクは水洗のために必要となる水をためておく場所であり、ここが正常に機能していないと水洗が機能しなくなってしまいます。

ロータンクの中で交換が必要になることが多い部品として、「フロートゴム玉」があります。フロートゴム玉は、タンクの内部に入っているパーツの一つで、水洗の必要が無いときに水を止めておくためのパーツとなっています。このパーツに異常が発生して交換を怠ると、トイレの水が流れっぱなしになってしまったり、逆に必要な時に水が流れなくなってしまう可能性があります。

ロータンクの中で交換が必要になる部品として、次に紹介するのはハンドルについてです。これは前述のフロートとつながっている部品であり、このハンドルを動かすことによって水栓が外れて水洗されることになります。ハンドル自体に異常が発生している場合も、フロートが連動して異常を起こしてしまうため、交換しなければ流れっぱなしや流れないというようなトイレのトラブルを引き起こす可能性があるため注意が必要です。